【懸賞情報】イトーヨーカドーで見つけたキャンペーン!2018年2月

今日は1人でハガキを探しに行ったので、あわてずじっくり応募要項を読み、応募ハガキをゲット。

先週もイトーヨーカドーに行ったのだけど、前回には無かったハガキを見つけました。

グリコとカゴメのキャンペーンを見つけて満足満足!

“【懸賞情報】イトーヨーカドーで見つけたキャンペーン!2018年2月” の続きを読む

コンビニのキャンペーンで学んだ2つの事まとめ

現在、ファミリーマートの、けものフレンズバレンタインキャンペーンに応募をしています。(2018年2月14日まで)

A賞の折りたたみ自転車が、以前に当選したものと似ているので、ふと思い出した事があってまとめを書いてみたくなりました。 “コンビニのキャンペーンで学んだ2つの事まとめ” の続きを読む

ハウス食品キャンペーンでカレーを買って応募に失敗した話

スーパーせんどうでハウス食品のキャンペーンを見つけました。(2018年2月1日開始)←終了しました。

多分、ほかのスーパーでも似たようなキャンペーンが行われているかもしれませんね。

ハウス食品商品2点以上含む、せんどう各店で購入されたお買い上げ金額合計が税抜き500円以上のレシートを1口として…うんぬんかんぬん以下省略。

商品券が当たるキャンペーンです。

※詳細は、店頭の応募要項を必ずご確認ください。レシート有効期限は2018年2月28日まで。←終了しました

だから、さっそくレトルトカレーを2点(1個88円だった)買ったんです。 “ハウス食品キャンペーンでカレーを買って応募に失敗した話” の続きを読む

【当選のコツ】これで解決!デコハガキ作成術 2018年版

私は懸賞生活を続けるにあたって、8年間いろいろと工夫してきました。

懸賞の達人ではなくても、応募を続けるにはそれなりの投資が必要だったし、時間も捻出してきました。

仕事と趣味と主婦業と、皆さん忙しいですよね。それでもほんの少しの時間を確保して、応募を楽しんでおられるのではないでしょうか?

達人やプロならともかく、懸賞だけに時間もお金もかけていられないけれど、やっぱり応募は楽しいし、当選確率を少しでもアップできたら…て思いませんか?

デコハガキを作るのには、時間とお金がかかる

もっぱらハガキ懸賞を軸にして活動している私にとっては、デコハガキって時間もお金も掛かるし、デザインまで考えなくちゃいけないし、苦手だった訳です。

ハガキをデコる為に他の時間が犠牲になると、家族の目が気になります。(絵とかイラストとか描いていると、遊んでいると思われる)←これ1番つらい

だからハガキ応募において、時間もお金も(家族の目も)気になるデコハガキをなんとか簡単にできないか考えてみました。

時間とお金の節約について考える主婦

お金の節約ポイント

お金の節約を考えるなら、家にあるものを活用するのがベストです。わざわざ買わなくても、探せばコラージュの材料はいくらでもありますよ。

シールを購入するのではなく、いらなくなった雑誌やフリーペーパーで使えそうな物を切り抜いておく

広告なんかでもいいです。いいな、コレ使えそうだなと思うものは、何でも切り抜いておきましょう。イラストが苦手な人でも糊で貼り付けるだけで結構かわいく仕上がるものです。

材料を買うなら100円均一にしよう

こだわりはじめると、デコレーションってどんどん金額が高くなってきます。お小遣い稼ぎに懸賞をやっているのに、デコハガキ代が高くなってきたら本末転倒です。

マスキングテープ、可愛いシール、コメント欄に使えそうな吹き出し型のポストイットなど、数百円の材料費で、じゅうぶん綺麗に仕上がりますよ。

時間の節約ポイント

どうやったら時間を節約してハガキを作成できるでしょうか?考えられる3つを提案します。

そもそもデコらない

デコレーション無しのハガキ例

応募要項に「厳正なる抽選によりご当選者様を決定いたします。」と記載されている場合、基本的にデコるとかは関係なく公平に抽選をされていると判断できます。

大手企業で大規模なキャンペーンほど、第3者による立会い人のもとで行われていたりして、この文面は信用できるはず。

そういったキャンペーンには、いさぎよくデコらずに必要事項だけ記載して送付すると、時間の節約ができます。

(真面目に可愛くハガキをコラージュすると、作成時間は1枚10分以上かかるので、この時間すべてが節約できる)

イラストは描かない・すべてシール活用

時間を節約するなら、割り切って100円均一でシールを確保しましょう。イラストは書かず、雑誌の切り抜きも行わない。シールでペタ!これで絵を描く時間が節約できます。

必要事項は年賀状ソフトやエクセルなどで印刷し、貼り付ける

郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号は、どのキャンペーンでも記入を求められます。

だから前もって年賀状ソフトやエクセルなどで作成し、必要な時にすぐ貼り付けられるようにしましょう。

おまけ

時間とお金をできる限り節約して、ハガキを作ってみました。

デコハガキ作成手順

作戦時間は6分36秒。

※必須事項は手書き。宛名を書く時間も含む。

応募方法を読む時間47秒。

最後に記入漏れがないか確認42秒。

合計8分5秒かかりました。

はっきり言って下手なハガキですが、これくらいでも十分に地域新聞などの懸賞には当選してきました。

1枚のハガキを作成するのに10分以上もかかっていると、私の場合は長続きしません。

デコハガキの作成自体が趣味ならいいのですが、目的は当選アップの為。

デコハガキはツールの一つですから。

この程度なら、デザインするのが得意ではない人でも簡単にできますよ。

慣れてくると、もっと上手なデコハガキが短時間で作れるようになります。

レシートを貼り付けて送るハガキのノウハウも、調べてみると奥が深い!

関連:懸賞レシートの貼り方・絶対に真似してはいけない2つの失敗例

隙間時間を使って、無理なく快適に懸賞生活を続けるコツは、自分流の技を身につける事ですね。

ぜひ、快適な懸賞生活をお楽しみください。

【当選のコツ】懸賞当選アップを目指す主婦の!応募ワザ2018年版

・懸賞が好きだけれど、当選アップの方法が分からない

・懸賞の達人ほど応募に熱心ではないが、できる範囲で当選アップを目指したい

・仕事、家事、育児に忙しい。

だから快適な趣味の範囲で、当選アップを目指したい!というあなたへ、ぜひ読んでみて欲しいです♪ “【当選のコツ】懸賞当選アップを目指す主婦の!応募ワザ2018年版” の続きを読む

趣味を探している人に懸賞生活をおすすめする7つの理由♪

・趣味を探しているが、時間をかけられない

・自宅ですきま時間を使って出来る趣味を探している

・家族と共に楽しさを共有したい

毎日忙しい中で、いまさら趣味を見つけるって難しいなと感じている人へ、ぜひ懸賞生活をおすすめします。

興味があればトライして、まずは応募を楽しんでみませんか?合わなければやめちゃえばいいし。懸賞生活の面白さと、おすすめポイントを伝えたいので、読んでいただければ幸いです。

趣味を探しているなら、まずはよく行く場所にヒントがないか考える

仕事、家事、子育て。毎日忙しくて、新しい趣味をみつける機会がなかなかないのが本音ですよね。

すきま時間ならあるけど、まとまった時間はとりにくい!あっという間に毎日が過ぎ去っていく…という人が多いのではないでしょうか。

いきなりスポーツジムの会員になっても続くか分からないし、お金もかけたくないし…

だったら、週に何度か行くであろうスーパーからヒントが得られないだろうか?

当選するまでは何が楽しいのか分からないかも知れませんが、やってみると意外とコツなんかも必要で、家族を巻き込んでワイワイ楽しくハマれるかもしれませんよ。

趣味として懸賞生活をおすすめする理由

懸賞?本当に当たるの?そんなことが趣味になる?と思ってしまった人、これが案外クセになって面白いんです!

私は懸賞のおかげで生活が楽しくなったので、その利点をご紹介したいと思います。

スーパーに行くついでに懸賞情報が得られる

毎日のご飯づくりの為、お弁当の材料、日用品の買い出しに、スーパーマーケットを利用しませんか?

どうせ行かなければいけないのだから、懸賞情報を集めて応募できちゃいます。

買い物ついでに、趣味に関する情報があったら、それだけで気分がアップしちゃいますよ。

・お店の出入り口近くに、懸賞応募ハガキがあるコーナーを見かけたら、それは宝の山

・応募に必要な対象商品の近くにもハガキがぶら下がっている

・対象商品は、新商品であったり、キャンペーン中なのでお得価格だったりする。試してみて家族の反応を見るのが結構楽しい。

いつも同じメーカーだと飽きたりしますが、他にどんな商品を使えばいいか分からない時などありませんか?

もし懸賞のキャンペーン中なら、応募ができるし、このメーカーの物を使ってみようかな、と背中を押してもらえます。

懸賞は奥が深くて、慣れてくるとレシートの添付方法を調べたり、デコハガキの作り方に凝ってみたり、楽しめる要素があるのでチャレンジしてみるといいですよ。

すきま時間が利用できるから続けやすい

毎日の生活の中で、まとまった時間は作れないけれど、すきま時間ならちょびっとある、という環境の中で生活している人。そのすきま時間を利用してみましょう。

買い物ついでにハガキを持ち帰り、レシートを貼り付け応募する。

ハガキ1枚書くのに必要な時間はおよそ5分程度もあれば十分です。

運動が苦手でもできる

趣味といえばスポーツ!なんてことはありません。

仕事や家事で時間に追われているのに、体力を使う趣味なんて出来ないという人は割といます。

懸賞なら運動神経は関係ありません。スポーツが好きな人も苦手な人も、興味があればいつでもはじめられます。

材料が少ないから、場所を選ばない

ハガキとレシートとハサミとボールペンがあればどこでもできるので、自宅のリビングでも出来ちゃいます。

部屋にこもって集中して書いてもいいし、リビングでテレビを見ながらダラダラ書く事だって出来ます。

最後に切手を貼って、次の日の出勤前や、散歩ついでにポストに入れたらそれで完了!

初期費用が安い

懸賞に必要なものは、スーパーに置いてあるハガキと購入したレシート、あとはハサミとボールペン。

切手代は1枚62円です。

もし、ひと月20枚応募するなら、62×20=1,240円です。

習い事なら週1回で5,000~6,000円くらいかかるし、スポーツの初期費用もばかになりませんよね。

対象商品を買って応募するクローズド懸賞であっても、対象商品の値段なんて日用品なら数百円程度です。

当選品が1つ2つ届けば、切手代をあっという間に回収できちゃったりしますよ。

当選すると嬉しい

当選したら当たり前ですが、景品が届きます。

趣味は出費がつきものですが、時々利益がでる趣味って、結構ありがたいです。

スーパーとメーカーの共同企画であるクローズド懸賞なら比較的当たりやすくて、景品が届いたときは家族みんながテンションアップ!

ちょっとした利益がでる

招き猫の写真懸賞のコツをつかんでくると、切手代くらいなら回収できてしまうし、利益もでてきます。

商品券や旅行、流行のグッズなど、賞品が魅力的なものに応募して、当選した時には非常にうれしい気分になれますよ。

興味があれば、是非トライを!

以上が、趣味として懸賞生活をおすすめする理由です。

沢山ある趣味の中から、懸賞生活に興味を持ってもらえたら、まずは試してみてください。

費用が少ないので、合わなければいつでもやめられます。

まずは、気軽にトライできるといいですね。

【当選のコツ】懸賞レシートの貼り方・絶対に真似してはいけない2つの失敗例

レシートの貼り方ってこれでいいの?と困っている懸賞応募の初心者さん、本当にその貼り方でいいのか困っていませんか?

ここで紹介する、絶対に真似してはいけない2つの失敗例を避ければ、レシート応募の不安が消えます。

“【当選のコツ】懸賞レシートの貼り方・絶対に真似してはいけない2つの失敗例” の続きを読む

【当選のコツ】「なぜ懸賞に当たらないの?」と思う人に伝えたい、2つの心構え

懸賞に当たる人って、ものすごく運のいい人だと思っていませんか?

懸賞応募にハマる前は、私もそう思っていました。

でも、そんな事はありません。

当選する人は、少しの努力と工夫で、当てるコツを心得ているのです。

応募には、投資が必要!

応募して損をする人、応募して特をする人の違いはなんでしょう?

損をする人の例

たまたま見つけた懸賞ハガキ。

なになに‥

コレを買えば応募できるのね。じゃあ1回送ってみよう。

1ヶ月を過ぎた頃、「全然音沙汰なしで、結局当たらないじゃない!懸賞なんて、当たらないわ。切手代と、ハガキを書く時間、無駄にしちゃった!」

もう懸賞なんてやらない!

特をする人の例

よく行くスーパーには、懸賞応募ハガキが対象商品の近くにぶら下がっている。

なになに‥

コレを買えば応募できるのね。じゃあ応募してみますか!

この商品は、子供や夫が大好きだし、次に買い物に来た時も、レシートを捨てずに再度応募しよう!(結局、3口くらい送る)

せっかく応募するんだし、切手も多めに買っておいて、良い懸賞があったら、他にも試しに送ってみようかな。

数ヶ月後‥

ピンポーン!「お届け物です。」

賞品が届く。

「わー!あの時、レシートを捨てずに、送っておいてよかった!」

飽きずに続ける!

切手がまだ残ってるし、他にも応募できる物があれば、トライしてみたいな。

「こんな懸賞ハガキを見つけたわ。楽しそう!いつも使ってる洗剤だし、今回も応募してみようかな!」

‥‥

両者の違いは、どれだけ切手代、対象商品の購入、ハガキを書く時間に投資出来たか、です。

当たるかどうかわからない物に投資するのは、勇気がいります。

しかし、スーパーとメーカーの共同企画であるクローズド懸賞ならば、続けていればいつかは身を結ぶし、当選するコツを掴んでくるハズです。

たった1回の応募で、運良く当選するというのは、やはり出来過ぎかも。

対象商品を買う事に無理をしては続きません。

いつも利用している洗剤や食品だったら、切手代を惜しまず、応募する事を続けていると、きっといつか身を結ぶ事があると思います。

どんな分野でも、投資しないと結果は出ない事が多いですよね。

私の周りにいる、フルタイムで、夜勤をこなす、バリバリ働くカッコイイ看護師ママさん。

若い頃に、多くの勉強時間と学校への授業料の支払いを投資されたのではないでしょうか。

美味しい料理を作るために、材料にこだわってみたり、健康になる為に、走るから、スポーツウェアを買ってみたり。

なんだかんだで、結果を出すには、ある程度の投資は必要だと考えます。

ポイントは、

・いつも使っている商品

・買っても無駄にせず使えそうな商品

・切手代

・ハガキを書く時間

この投資を実行できると、おのずと結果は出てくるかもしれません。

まとめ

・応募するには、多少の投資が必要。

・すぐに飽きずに、続ける事が大切。