【当選のコツ】コンビニキャンペーン応募編2つの事まとめ

数年前、コンビニで折りたたみ自転車が当選した事があって、ふと思い出した事があったのでまとめを書いてみました。

コンビニのキャンペーンも意外と当たる

コンビニって、店舗数が多いじゃないですか。

だから、当選人数200名とか、ましてや5名なんてなかなか当たらないんじゃないかなと思っていたんです。

しかしこれが不思議と当たったんですよね。

色々当たりましたよ。

私のブログでは当選品の写真や報告をしているんですが、

パネルヒーター

クオカード

プロサッカー選手が教えるサッカー教室

グーグルプレイカード

折り畳み自転車

などなど。

クオカードの絵

なんで意外と当たるんだろう。

コンビニの主力ターゲットでもあるサラリーマンや学生は、懸賞に興味がない?

コンビニをよく利用する人は、

・学生さん

・サラリーマン(昼食や仕事の休憩時など)

・スーパーに行けない・レジに並ぶ時間を節約したい人

など、忙しい人が多いせいでしょうか。

わざわざはがきを書いたり、レシートを貼り付けたりなど、手間がかかる事はしないのかもしれませんね。

欲しい物は、自分で買うから興味がない?

学生さんであれば、欲しい物はバイト代から出すとか、そもそも物を欲しがらない世代が多いのかも。

しかも応募はがきを書くのって、案外めんどうくさいんですよね。

全て推測ですけど、当てはまる人は沢山いると思います。

コンビニの懸賞は、対象商品1点以上を含む、500円以上のレシートで応募できる!など、非常にチャレンジしやすい金額設定です。

いいキャンペーンがあれば、一度試してみると楽しいかもしれませんよ。

応募レシートに不備があっても諦めない

レジに購入したい商品を持っていくと、店員さんがバーコードを読み取りますよね。

コンビニで働く店員さんの絵

しかし、こんな事を経験した事はありませんか?

お会計後に、レシートを渡してくれない

これについてはハッキリ言いましょう。

「レシートをください」と。

若い店員さんだとよくある事ですよね。

家計管理や、領収書の代わりに必要だったり、もし商品に不備があった場合はレシートがないと交換できないし。

学生さんだったり、家計簿をつけていないなど、必要ない人が多いからでしょうね。

特にコンビニでは、渡しても「いらない」という人が多いのでは。

断るサラリーマンの絵

もしレシートを渡してくれなくても、「レシートを頂けますか?」といえば、ちゃんとくれます。

せっかく応募の為にレシートを作りに行ったのですから、恥ずかしがらずに言いましょう。

対象商品を購入したのに、レシートに記載されなかった

対象商品がガムだったとします。

すると、レシートにはガムの名前などが分かるように記載されます。

しかし、なぜかレジの不備?などで、バーコードがちゃんと読み取れない…なんて事を経験したことはありませんか?

すると、店員さんは、「その他」や「お菓子」などの項目を使って手入力でレジ打ちしますね。

対象商品名が書いていなかったら応募できない!

その他と書かれたレシートの絵

私の場合、対象商品がボトルガムだったので、2つほど購入しました。

ボトルガム2つといったら結構な金額です。

しかし、レジでバーコードが読み取れずに「その他」と入力されてしまいました。

その場で言えば良かったのですが、懸賞の為にボトルガムを買ったんだから、ちゃんと打ち直してくれとは言えなかったのです…

後ろにお客様も並んでいましたし。

お客様が沢山レジに並んでいる絵

打ち直したところで、不備があってレジ打ち出来なかったのだから、すぐには直らないでしょう。

がっかりして帰宅。

レシートを捨てようと思いました。

でもでも、主婦にとっては貴重な金額。

この気分を引きずるよりは、キャンペーン事務局に問い合わせてみよう!

キャンペーン事務局に聞いてみた!

おそるおそる電話する絵

ドキドキしながら電話しました。

すると優しい女性の声。

優しく親切な女性が電話をとるイラスト

多分こんな人(予想)

私:「あの、たった今、対象商品のボトルガムを購入したのですが、レシートにその他と打ち込まれてしまいました。このようなレシートだと、もう応募は出来ませんか?

女性:「そうですか。只今確認致しますので、店舗名と購入商品、レシートナンバーetc…などを教えて頂けますか?」

↑ここら辺は3年くらい前の記憶を掘り起こしているので曖昧だが、だいたいこんな感じの事を聞かれました。

しばらく待っていると…(もしかしたら折り返し電話がきたかも)

女性:「大変お待たせ致しました。確認したところ、今回のレシートでも応募できるように、レシートに記載して欲しい事があります。

事務局の担当者名(この女性の名前)

受付番号

担当者確認済み と、記載して頂けますか?

(今日の日付とかも書いたかも?)

↑記憶が曖昧だが、だいたいこんな風でした

レシートに受付番号などを記載したイラスト

応募が可能になった!

女性からご迷惑をお掛けしましたと言われ、こちらこそお手数をおかけしましたなどのやりとりがあり、電話を切りました。

さて、見事に応募できるレシートの完成です!

諦めなくてよかった!

もはや、当たらなくてもよい!←??

満足感でいっぱいの私。

何より事務局の女性がとても親切な対応で、一気にこのお菓子メーカーのファンになったほどです。

信頼、信用って大切だなぁと感じる出来事でした。

結局、当選しました!

もうすっかりこんなやりとりを忘れていた数ヶ月に、なんと折りたたみ自転車が我が家に届きました。

あれ?

これって、あの時のコンビニのガムの懸賞だ。

とビックリしたこと事をハッキリ覚えています。

オリンピックのキャンペーンだったので、目立つデザインなんですが、今でも大切に使っています。

当選した折りたたみ自転車の絵

あの時、レシートを捨てなくて良かった

まとめ

・コンビニのキャンペーンは、当たらないようにみえるが、意外と当たった。(個人の経験談)

特に、12週間などの短い期間のキャンペーンが当選しやすかったかも。

・レシートに不備があっても、捨てる前に、お店の人や事務局に相談してみましょう。もしかしたら諦めなくて済むかも。

長く懸賞応募を続けていると、ちゃんと要件を満たしてレシートを作ったのに応募出来なかった…とか、

応募ハガキに記載されている内容の意味が、なんだかよくわからない…とか、結構あります。

このような時は、分からないまま適当に送るよりは、事務局に問い合わせてみるのも一つの手かもしれませんね。

余談ですが、この前なんて、住所は我が家なのに、宛名が全然知らない人の物が届きました。(大手おせんべいのメーカー)

運送業者さんと相談して、氏名が違うので持ち帰ってもらいました。

本当の宛名の人に、ちゃんと届いたかな。

懸賞歴がそこそこ長くなると、不思議な事が起こるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください