【当選のコツ】オープン懸賞よりも、クローズド懸賞が当たる!

ウシが考えている写真

オープン懸賞は、なぜ当たりにくいのか?

私が懸賞をはじめたばかりの頃、沢山送れば何かしら当たるに違いないと、手当たり次第にハガキを送った時期があります。

しかし全く当たりません。

どのくらい送れば当たるか検証する為に、ある懸賞応募に50枚送ってみました。(当時は、1人1枚という制限はなく、何枚ハガキを出してもよい懸賞でした。)

たしか、チーズのキャンペーンで、10個ほどある賞品の中から欲しいものを選んで、クイズに答えてハガキを送る、オープン懸賞だったと記憶しています。

たくさん送ればオープン懸賞でも当たるのか?

結論からいうと、大量に送ったとしても当たりにくいです。

50枚も送れば、きっと1つは当たるんじゃないかと素人判断でやってみたのですが、見事に撃沈です。

クイズに答えただけで当たるなんて、そう簡単ではないだろうとは思っていましたが、改めて懸賞に当たることの難しさを感じました。

オープン懸賞というのは、ちょっと大袈裟かも知れませんが、宝くじの高額当選を目指すようなものだと思い、気軽に1枚だけ送ってみるとよいです。

特に有名な企業の大規模なキャンペーンほど当たらない。

でもひょっとしたらあたるかもしれない…という期待もありますよね。

宝くじだと、10枚買うだけでも3,000円します。

ハガキなら1枚62円で送れてしまうので、その期待をこめて、気楽に無理せず応募を楽しんで頂きたいです。

もちろん、私みたいに沢山送ってチャレンジしてみたい方は、それも1つの懸賞生活を楽しむ方法なのかもしれませんが。

あんまりおすすめはしないです。

しかし…

オープン懸賞に当たるコツはあります!

私がオープン懸賞で当てたものの中にPS4と3DSLL、有名テーマパークのペアチケットがありますが、これらはなぜ当たったのでしょうか。

 

答えは…

応募総数が圧倒的に少ない、地元のスーパーで行われた懸賞だったからです。

たとえオープン懸賞であったとしても、店舗数の少ないスーパーとメーカーとのタイアップでおこなわれている懸賞なら、確実に当たる可能性はアップします。

私が利用したスーパーは、店舗が30店舗ほどしかありません。ちょくちょく面白いキャンペーンを行っているので、このスーパーは私のお気に入りです。

ローカルスーパーのキャンペーンがおすすめ!

私の懸賞当選品の6割は、こちらのスーパーで実施されたものだと言っても過言ではありません。

全国規模で行われているオープン懸賞は、当たり前ですが、誰でも応募できてしまいます。

一方、地方のスーパーというのは、そのお店に足を運ぶ消費者しか情報を得る事が出来ません。

お店のホームページにも掲載されていないとなると、これはもう本当に、圧倒的に確実に、ライバルが減ります。

オープン懸賞とはいえ、ターゲットを絞って行われているキャンペーンなんですね。

全国の何万人?が送ってくるオープン懸賞よりも、地方のみの数百人が送ってくるオープン懸賞の方が当たりやすいという事はおわかり頂けましたでしょうか。

やっぱりクローズド懸賞の方が当たりやすい!

これもターゲットを絞っているから当たりやすいのです。

例えば、とあるスーパーにおいて、「対象商品の缶コーヒーを含む、合計金額が1,000円以上のレシートをハガキに貼付して応募」というクローズド懸賞が行われていたとします。

これって、缶コーヒーを飲まない人は、すでに対象外ですよね。

①対象のスーパーで

②缶コーヒーを買い

③1,000円以上のお買い物をする

この3つの条件を満たしている人しか、応募が出来ません。

缶コーヒーにも好きなメーカーがあったり、今日は1,000円も買い物しないな、とか、対象のスーパーではなく、時間がないからもっと近くのスーパーでいいやとか、些細な理由で応募できないケースは結構多いです。

だからこそクローズド懸賞は当たりやすいのです!

ハガキも切手も初期投資と思って、是非皆さんにもクローズド懸賞を送って頂きたい。そして、当たる喜びを味わって欲しいです。

私は、切手を毎月60~100枚買います。

62×100=6,200円 軍資金はこの程度です。主婦にとっては貴重な金額ですね。

どの程度当たるかは、コツと運次第?!

運というのは、どうしようもないですが、ある程度のコツをつかめば、かなりの量の戦利品が届くようになりますよ。

懸賞マニアの人がどの程度当てているのか気になるところですが、11~12月のキャンペーンが多い時期には、私みたいな普通の主婦でも、10万円くらい(商品券、クリスマスケーキ、ディズニーチケットなど全部合わせて)なら過去に何度も当てています。

隙間時間を使ってハガキを書くので、なかなか思うように書ける時間が無いかもしれません。だからこそ、当たりやすい地方のスーパーで行われているクローズド懸賞を見かけたら、いちど送ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です