【懸賞当選報告】発表します!2017/12/27の当選品

当選品が届く写真

伊藤ハムグループ・せんどう共同企画「せんどう商品券3,000円分」に当選しました!

本日の懸賞当選品 画像はこちら。

せんどう×伊藤ハム 当選通知と商品券

これは、スーパーせんどうさんではお馴染みになりつつある、伊藤ハムが対象商品のクローズド懸賞です。

ハム等の加工品の懸賞は、他のキャンペーンより、賞品が少し高めな設定が多いように感じます。最近は、2,000円分の商品券が当たるキャンペーンが多い中、3,000円分なんて、少しリッチな賞品に感じてしまいますよね。

皆さんはそう思いませんか?

2つのキャンペーンがあったとして、どちらのレシートを作ろうかなと考えた時、つい金額が高い賞品に応募してしまうのは、私だけではないはず…。

ハムの懸賞は当たりやすい?

私の個人的な応募状況からみると、ハムの懸賞は、若干ですが当選しやすい傾向があります。

私が加工品を利用する機会が多く、毎回応募するから当選につながるのかも知れません。

お弁当を作る時、毎日毎日、手作りだと大変です。

時短で料理するには、やはり加工品は便利ですよね。

伊藤ハムは、対象商品がハムだけではなく、ソーセージや肉団子(味付けがしていなくて、アレンジ料理に最適でした)、クリームチーズまで対象商品だったので、ハムを食べない人でも応募しやすいです。

私は2口応募ができました。

ちなみに、プリマハムは、ディズニーチケットが賞品になっている場合があり、これは少し難易度が高いです。

しかし…… 賞品が高額だから、やっぱり魅力的です!

つまり、ハム系の懸賞は、楽しいって事です(笑)

レシートとバーコードを両方貼るキャンペーンは、当選しやすい?

伊藤ハムが当選しやすい傾向にあるのは、レシートだけではなく、バーコードも添付しなければいけないところでしょうか。

やってみると簡単なのですが、はがきを見て「なんだか面倒くさいな。」と敬遠する人がいるのでは。(推測です)

あと、私がよくやる失敗なのですが、レシートはとっておいたのに、バーコードを捨ててしまうミス。

これでは応募ができませんね。こんな失敗は私だけでしょうか…

バーコードは、買ってきたらすぐに切り取って保管するとよいかもしれません。

しかし、保存状態の事を考えると、先に切り取るのはちょとヤダという場合は、商品の袋に大きく【バーコードは捨てない!】と書くようにしています。

まとめ

ハムの懸賞は、賞品が魅力的。

伊藤ハムは、対象商品が多く、応募しやすい。

レシートとバーコードを両方添付するキャンペーンは、面倒くさいので、ライバルが減るかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください